Menu

歯科の豆知識ブログ

人体で一番硬いのは

 

突然ですが、人の体の中で1番硬いのはどこの部位だと思いますか?

なんとなく骨が1番硬そうな気もしますが、実は歯の表面のエナメル質が1番硬いのです。硬さの指標であるモース硬度は7と言われており、これは水晶と同じぐらいの硬さになります。

 

 

≪モース硬度とは≫

硬さの指標となる単位で、10段階に分類されます。

モース硬度1:チョーク、滑石

モース硬度2:岩塩、石膏

モース硬度3:サンゴ

モース硬度4:鉄、パール、蛍石

モース硬度5:骨、ガラス

モース硬度6:正長石、オパール

モース硬度7:エナメル質、水晶、石英

モース硬度8:エメラルド

モース硬度9:ルビー、サファイア

モース硬度10:ダイヤモンド

 

 

 

≪歯はとても硬いけど虫歯になる≫

エナメル質が非常に硬いことはご理解いただけと思いますが、硬い=強いとは限りません。モース硬度とはひっかいた時の傷の付きにくさを表しているので、エナメル質は強い力でひっかいてもそう簡単には傷付きません。ところがエナメル質は衝撃に弱く、強度な噛み合わせや転んでぶつけたりすると欠けてしまうことがあります。また虫歯が進行することにより、エナメル質に穴があいて痛みを伴うこともあります。

歯垢の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌)は、私たちが摂取した糖分を利用して「酸」を産生し、エナメル質を溶かします。これを脱灰と言い、歯の表面からミネラル分が溶け出す状態になります。ミネラル分が溶け出した歯の表面はやがて光沢を失い、脱灰が進むと硬いエナメル質にも徐々に大きく穴があいて虫歯となるのです。

 

 

≪歯を削るにはダイヤモンドを使用する≫

歯のエナメル質は欠けたり虫歯にもなりますが、そうは言っても歯は水晶と同じぐらいの硬さなので、意図的に傷を付けたり穴をあけたりするのは非常に困難です。歯科治療においても健康な歯を削るのはなかなか大変です。そこで、歯科医院で使用する切削器具にはモース硬度でエナメル質よりも硬いダイヤモンドが散りばめられており、これで歯を削って治療しているのです。

 

 

 

 

≪まとめ≫

以上のように、歯の表面のエナメル質は鉄やガラスよりも硬いのですが、虫歯によって簡単に穴があいてしまうことがあります。また一度削ってしまった歯はもう二度と再生することがないので、虫歯にならないよう日頃から毎日のブラッシングをしっかり行うだけでなく、歯科医院で定期検診を受診することをオススメします。また強い咬合力によってエナメル質が欠けてしまうこともあるため、噛み合わせや虫歯が気になる場合には稲毛区にあるしのはら歯科医院までお気軽にご相談下さい。

 

 

ページトップ

© shinohara dental clinic