Menu

一般歯科

虫歯について

一般歯科

「なぜ虫歯になってしまうのか?」そう疑問に思ったことが皆さん一度はあるかもしれません。
「歯を磨いていなかったから?」、「甘いものが好きだから?」色々と思い当たる理由はあるとは思いますが、まずは虫歯の成り立ちについて以下に簡単に説明させていただきます。

「酸によるエナメル質の脱灰」これが正式な虫歯の原理です。これを聞いて皆さんは「虫歯菌が原因じゃないのか?」と疑問に思ったかもしれません。確かに虫歯菌がいることにより虫歯になります。

ただ、プラーク(歯垢)が歯の表面に付着していることにより、虫歯を引き起こすう蝕細菌(S.ミュータンスなど)がそのプラークを栄養分として取り込み、それによって排泄される酸によりエナメル質が溶けてしまうのが虫歯の成り立ちです。

虫歯

虫歯の進行度合(C0~C4)により治療方針や症状が変わってくるため、それぞれの特徴についてまとめてみました。

進行

要観察歯
要観察歯
エナメル質(歯の表面)が徐々に溶けはじめ、表面が白濁してきます。
この時はまだ歯の表面に穴は空いていませんので、無理に削って治療する必要は無く、日々のブラッシングやフッ素塗布で様子を見ます。
初期の虫歯
初期の虫歯
エナメル質が溶けだして歯の表面に穴が空きます。痛みは無いのですが放置しておくと虫歯が進行する恐れがあるため、虫歯になった部分を削って詰め物をする必要があります。
歯の内部まで進行した虫歯
歯の内部まで進行した虫歯
エナメル質の下にある象牙質という部分にまで虫歯が進行した段階です。まだ神経には到達していませんが、冷たい物がしみたり、ズキズキした痛みを感じるようになります。
虫歯になった部分を削って詰め物や被せ物をしますが、痛みを伴う処置になるため麻酔が必要になる場合もあります。
神経まで進行した虫歯
神経まで進行した虫歯
象牙質のさらに下にある神経にまで虫歯が進行した状態で、ズキズキとした激しい痛みを感じます。ここまで進行してしまったら麻酔をして神経を取る処置が必要になります。根管治療が必要になり、最終的には被せ物になります。
歯の根(歯質)が失われた歯
歯の根(歯質)が失われた歯
虫歯がさらに進行してしまい、歯がほとんど無くなってしまう状態です。歯の根まで虫歯が進行すると化膿して根の先から排膿することがあります。ここまで進行してしまうと多くの場合、抜歯になってしまいます。

ページトップ

© shinohara dental clinic