Menu

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)とは歯が抜けてしまった場合に使うものです。

入れ歯(義歯)治療は、加齢や虫歯、歯周病などにより歯が失われたとき、その機能や顔立ちを義歯(入れ歯)により回復する治療法です。
また、保険が適応されるタイプ(保険診療)と適応されないタイプ(自費診療)に分けられます。

保険診療の入れ歯

部分入れ歯

部分的に歯を失った場合に用いられる治療法です。残った歯にバネをひっかけて固定します。

どんな症例にも適応できますが、素材やデザインに制限があるため、使いやすさや見た目はあまりよくありません。歯肉にあたる部分にはプラスチックが使われ、入れ歯を支えるバネには金属が使われています。保険診療なので費用が安く済みます。

総入れ歯

全ての歯を失った場合に用いられる治療法です。

使える素材は部分入れ歯と変わらず、すべてがプラスチックでできています。分厚くなるため違和感や異物感が大きく、また長く使えば壊れたり割れたりすることがあります。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

歯肉にあたる部分が金属(コバルトクロム合金やチタンなど)でできており、プラスチックよりも薄く作製できます。違和感が少なく食べものの熱を伝えやすいため、自費診療の中ではもっとも多くの方に選ばれています。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を支える金属のバネを使わないタイプで、半透明な素材を使っています。目立ちにくく、金属アレルギーの心配もありません。

義歯を作られる際、「義歯を入れればすぐに噛める」といったお考えは、少し危険な考えかもしれません。

新しく作られた義歯は、新しい靴のようなもので、 初めは違和感や発音のしづらさとの戦いになります。サイズのあった靴を購入した場合も、靴擦れを起こしたりするのと同様に、義歯も粘膜に痛いところが出てきたりすることがあります。

患者様には、まずは義歯に慣れることから始めていただき、できるだけ不快な症状を取り除いていくことで、おいしくものを食べることのできる自分に適した義歯の完成となります。

ページトップ

© shinohara dental clinic