Menu

クリーニング(PMTC)

クリーニング(PMTC)について

日々ご家庭でどんなに歯磨きをしていても、口腔内にはどうしても磨きにくい箇所があります。こうした箇所には細菌がたまりやすく、集まった細菌は歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を形成してしまいます。

歯の表面に付着したバイオフィルムや食べカスを取り除く方法が、専門家によって行われるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。シリコンゴムの器具やペーストを用いてクリーニングしていきます。

痛みは全然なく、施術中に眠ってしまう方もいるほどです。口臭の予防効果もあります。

クリーニング(PMTC)の特徴

クリーニング(PMTC)の手順

1 口腔内チェック

染め出し液を用いて、口腔内に歯垢や歯石がついていないかを確認します。汚れがはっきり見えることで磨けていない箇所や、磨きにくい箇所がわかります。
※必要に応じてブラッシング指導を行わせていただきます。

2 クリーニング

歯石があれば、まずは歯石を取り除きます。その後、歯の表面や歯と歯の隙間を微粒子研磨剤と専用の器具を用いてクリーニングを行います。普段の歯みがきでは取り除くことができないプラークや着色汚れをしっかりと落とすことができます。

3 洗浄

消毒液を含んだ洗浄液でお口の中を洗浄し、歯や歯肉ポケット内を洗浄します。

4 フッ素塗布

虫歯を予防するために歯の表面にフッ素を塗ります。

歯石を除去するスケーリング

スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去する治療法です。超音波を使用することで、石灰化した歯石まで簡単に除去できます。保険適応のため、比較的安価な治療でもあります。

虫歯に備えるフッ素塗布

歯や骨にとって良い影響を与えることで知られるフッ素を、歯に塗布する治療法です。  フッ素には、歯の再石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させたりといった効果があります。定期的にフッ素を塗布することで、虫歯や歯周病を予防することができます。

ページトップ

© shinohara dental clinic