Menu

当院の滅菌について

タービンの滅菌について

歯科医院で日頃から使われている歯の切削器具を患者さんごとに滅菌せず、そのまま使い回しをしているというニュースが数年前に話題になったのを、みなさんはご存知でしょうか。

新聞やニュースで取り上げられたのは、歯を削るタービンと呼ばれる切削器具のヘッド部分が使い回されているという内容でした。タービンのヘッド部分は口腔内にて使用されるため、唾液や血液が飛沫する可能性があることから、患者さんごとに交換しないと院内感染の危険性が危惧されています。当時のデータでは、約7割の歯科医院がこのタービンヘッドの使い回しをしていることが報告されています。

しのはら歯科医院では、このタービンヘッドは患者さんごとに交換しており、使用後の滅菌も徹底して行っておりますので、安心して治療を受けていただけます。

その他の器具の滅菌について

しのはら歯科医院では日頃から器具の滅菌に力を入れており、歯科用器具だけでなくロールワッテやガーゼも滅菌したものを使用しています。 滅菌とは器具などに付着している微生物、細菌、ウイルスなどをすべて死滅させ、取り除くことです。基本的にお口の中に入るものは必ず滅菌するようにしています。

なぜ滅菌にここまでこだわっているかというと、完全な滅菌対策をしないと、せっかくの治療効果も損なわれてしまうことがあるからです。

特に恐ろしいのは歯周病です。歯周病治療で使用したタービンヘッドなどを滅菌せずに使い回すと、他の患者さんに歯周病菌が感染してしまうことがあるのです。せっかく治療を受けてきれいになっても、歯科医院側の都合でもとの状態に戻ってしまう可能性がある、あるいは口腔内環境が以前より悪化してしまう………これは大変恐ろしいことであり、医療機関としてあってはならないことです。

しのはら歯科医院では、患者さんにより良い治療を受けてもらえるよう、 院内感染の防止対策だけでなく、お口の中を清潔に保てるよう滅菌を徹底的に行うようにしておりますので、どうぞ安心してご来院なさって下さい。

ページトップ

© shinohara dental clinic